大木の切り倒し

20メートルクラスの大木2本の切り倒しを承りました。 はじめに切倒し方向の竹林を伐採しての作業でした。 1本は重心が切倒し方向と逆でしたので、チルホール(=ウィンチ)で切倒し方向へ引き寄せながら伐採いたしました。